先日はしょうもない記事投稿、大変申し訳ありませんでした・・・(滝汗)

改めて前回ボウズだった沖磯でのヒラスズキ
再度チャレンジ!

今回も 前回と同じで場所は大分、
クロ釣りの人達に混じっての釣行です。

12:00 瀬に渡って 早々に準備を済ませた私は、
じっくりとポイントの下見。
強風は吹いてますが 予想とは違い 全くサラシが出ていません。

ともあれ、とりあえずキャスト開始。
15分程度投げたところで いきなり 「ガツン」 と強烈なバイト!
引きも強烈で、数分間 格闘の末 上がって来たのはブリ

70cm 3.5kg ハマチと呼ぶのでしょうか?
ブリの事よくわかってないので、とりあえずここでは
「ブリ」と呼ばせて下さい。
(写真は友達のデジカメで撮影した為、後日UPします)

思わぬ外道に喜んだのですが、よく見ると
ルアーのリップは折れているし、リーダーはボロボロ。

リーダーを付け直して、本命を狙うべくキャスト再開。

横風が強いせいか 私の投げ方が素人なのか
ラインがガイドに絡まり、それを外すのに悪戦苦闘。

(原因は両方です・・・多分^^;)

何度かそれを繰り返す内に昼の部は終了。
辺りもすっかり暗くなってきたのでエギングに変更。
他の人達はアジを泳がせてイカを狙います。

結局泳がせで2杯上がっただけで餌木は抱いてくれませんでした。

その後、メバルアジ・アラカブ等 狙うも アタリなし。
そうこうする内に雨が降り出す始末。
餌釣りの方々はテントを持ってきており、既に就寝中。
私は一晩中釣るつもりだったので、テントなんかありません。
徐々に雨と共に 風も更に強くなり、あまりの寒さに身の危険を感じ
誰かのテントに潜り込もうと考えたのですが、
全員1人用テント、入れる隙間がありません。
しょうがなく岩と岩の間に身を潜め しばし仮眠。


明け方 風は強いままですが 雨はほぼ止んだので
再度ポイント確認、やっぱりサラシはありません。

昨日トラブルの多かったラインをPEからナイロンに交換、
沖の本流付近 沈み瀬回り 磯の瀬際と広範囲にキャスト。

磯の瀬際で 「コン」 とバイトあり、再度同じコースをトレースすると
しっかり「ヒット!」 、サイズはあまり大きくなさそうです。
2度のエラ洗いで シーバスである事は間違いなさそうですが、
あとは「ヒラ」 か 「マル」 か?
足元まで寄せ 波を利用して引き上げると、見事な体高。^^
60cmと小振りではありますが、ヒラスズキです!^^

web用

その後 明るくなってブリを1本
(80cm弱 3.0kg)追加し、
釣果は ブリ : 2本.....ヒラスズキ : 1本 と言う結果で終了!




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!
2/15(日) 中潮


前回ノーフィッシュだった沖磯でのヒラスズキ。
再度チャレンジ!

と、ここまで書いた所で、間違って「記事を保存」を
クリックしてしまったぁ~・・・^^;

文才のない私は、短時間で文章を書けないので
続きはまた後日書きます。

紛らわしい記事ですみません!m(__)m

2/8(日) 大潮

タイトル通り、大分の大入島にてアジングです。

今年の初釣行アジがよく釣れたので、
調子に乗ってまた行って来ました!^^

頭の中は
アジ アジアジ・・・

得意のアジポイントで頑張りましたが、単発 &サイズ小 です。
数もサイズも上がらないので、ポイント移動。

何処へ行っても結果は同じで、途中イカを狙ってみたものの
本命アオリは上がらず、甲イカ1杯のみ。
メバルのポイントで数匹メバルをキープし 、また移動。

朝マズメに アラカブ(カサゴ)が 5連続ヒット!
楽しませてもらったのですが、小さかったのでリリース。



前回の釣果を上回る事を期待したのですが、
残念ながら そうは行きませんでした・・・^^;


PIC00007.jpg
本日の釣果
アジ : 13匹
メバル : 3匹
甲イカ : 1杯(写真には入ってません)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、押して下さいね!
1/5(木) 若潮


と、いうことで 若松~神湊まで港湾部中心に回ってみました!
地磯も行きたかったのですが、暗くて怖いのでやめ。^^;
明るい時に下見しないと、底の状況もわからないし・・・

釣果は
メバル 10cm前後 6匹
アジ 10cm弱 2匹 でした。(T.T)
(全てリリース)

どこもバイトは多数あるのですが、サイズが小さい為 乗りません。
(私が素人だから・・・ とも言う^^;)

不覚にもデジカメ持って行くのを忘れ 魚も持って帰らなかった為、
妻と娘から 「本当に釣り~?」 みたいな目で見られています。^^;

明日また大分に行く予定です、
今度は疑惑が掛からないよう 頑張ろ~っと!^^



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、押して下さいね!
2/1(日) 小潮


最近 大分ばかり行っていたので、今回は山陰へ。
今回 場所は萩の沖、大島へ。

ココは車で渡れない為、移動は全て歩き。
しかも17:00が大島行き最終で、戻れるのは早くても
次の朝7:00の船便しかありません。

14時間 車なしでの釣行は初の試み、
この夜の最低気温は0℃の予定・・・
寒さに耐えられるかな~? ^^;

不安を抱えたまま いざ出発!
ちなみに運賃は片道390円、クーラーは荷物として扱われ
別途300円必要になります。(帰りは不要)
所要時間 約25分で到着です。

島に着くとまだ明るかったので、港湾部周辺のポイントを確認。
(勿論歩きで!^^)
港湾部以外もチェックしたかったのですが、
歩きの上 荷物も結構あるので断念。
(コインロッカーもありませんでした)

一通りチェックが終わると 程よく暗くなってきたので 釣り開始。

開始早々から入れ喰い状態。
腹が立つぐらい釣れます、チビアジ(10cm前後)が。^^;
ポイント移動し 表層~中層~底を探り、
リトリーブ速度を変えたり ワームを替えたりしても
釣れるのはチビアジばかり、全てリリース。

「大きいのは何処?」

しばらくして事件が・・・

底の方を引いていると、藻らしき物に引っ掛かった感触が。
軽くロッドをあおり そのまま巻くと、また同じ感触。
何度か同じ感触を繰り返しながら巻き続けると、
目の前でその事件は起きました。

なんとワームに
イカが抱きついたのです!

藻と思っていた感触は、イカが抱きついたものだったのです。
慌ててエギングロッドを準備し、餌木を投げるとすぐにヒット!

上がってきたのはコイツです。
yariika.jpg
正体はヤリイカ(だと思う^^;)でした。
その後 立て続けに5杯ほど釣れ、アタリもなくなりましたが
回遊しているのか、しばらく場を休ませるとまた釣れ出します。

アオリイカの場合、通常スミで海水が黒くなると警戒して
ほとんど寄りつかなくなるのですが、ヤリイカは
「この人(イカ)達、おバカ?」と、思わせるぐらい
釣られたイカが吐いたスミなど おかまいなしに寄ってきます。

また、暗い所よりも水銀灯の届いている範囲の方が反応がよく、
餌木の動きもスローな方がよく抱きました。

ヤリイカの生態や釣り方も知らない私ですが、
それでも釣果は 約30杯。
帰りに定期船の方に聞いたのですが、
ヤリイカ狙いで来た人は100杯ぐらい釣られたそうです。
(私と同じ便で帰られた方の事)

ヤリイカがターゲットの方、「今 大島が熱い!」ですよ。^^



ところで、「大ききなアジは何処?」・・・




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、押して下さいね!