上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ春イカ(アオリイカ)のシーズン!
エギング好きには たまらない季節ですね。^^

以前、これから始められる初心者の方の為に「タックル紹介(メバル編)」を書きましたが、
今回もまたまた勇気を振り絞って、これから始められる方のために
私の安物タックル紹介・・・エギング編です!

前回同様、玄人さんは読まずにスルーして頂く事を強く望みます。^^;

一般に言われている事ですが、アオリイカは卵からふ化して1年で生涯を終えてしまします。
4~6月頃産卵された卵が、ふ化して夏頃には体長2~5cmの小イカが港湾部でよく見られます。
沿岸部でベイトを捕食した小イカは、秋頃には300~500g位のサイズになり、
この時期 数釣りが楽しめます。(中にはキロUPも釣れます。)
冬になり水温が下がってくると 水温の安定した深場に行くので、
なかなか釣れなくなります。

春、水温が上がってくると 産卵の為また沿岸部に寄ってきます。
このころになるとサイズも700g~1500g(まれに3kgクラスも釣れます)位まで育っており、
小さい魚しか釣った事のない人がこのサイズを釣ると、間違いなく その強烈な引きに驚きます。

ただ場所によっては上記パターンにはまらないところもあり、
私がよく行く大分は、秋~普通にコロッケサイズの数釣りが出来ますが、
産卵時期が12~2月位なのか、その頃キロUPが釣れて 春は殆ど釣れません。

また春先に小イカが釣れたり、時期に関係なく粘れば釣れたりします。
産卵やふ化の時期が他と違うヤツがいるみたいです、地球温暖化のせいでしょうか。^^;

結局のところ、アオリイカは1年中釣れる」 「ベストシーズンは秋」
「大物狙うなら春の産卵時期」
と言った感じでしょう!

アオリイカの生態はこれぐらいにして、本題のタックルの紹介です。



ロッド : ダイワ ソルティストST-EG832P
PIC00008.jpg
PIC00009.jpg
実売価格 : 2万円強(だと思います)
レビュー :
2~3年前に先輩からもらったロッドです。^^;
今このモデルを検索してもヒットしないので、実売価格も曖昧な書き方にしました。
長さ8.3フィート(約2.5m)・重量 よくわかりません。
このロッド自体、可もなく不可もなく・・・ と言ったところです。

エギングをやり出した頃(4~5年前)の秋は、バス用スピニングロッド(6フィート)で
2~2.5号のエギを投げてました。
それから春になり、遠投+大きなエギが必要となった為 当時持っていた
安物シーバスロッドを使いエギング。
それなりに釣果はありましたが、エギングはキャスト&シャクリの繰り返しなので
安物シーバスロッドでは重く非常に疲れます。
その姿に見かねた先輩が「これを使え」と譲って下さったのがこのロッドです。

要するに、どんなロッドでも釣れますが、短いと遠投が辛くなりますし重いと疲れます。

最近のエギングロッド事情をよく知りませんが、昔より軽くて安価なものがあるはずです。
これから始められる方はとりあえず8~9フィートの長さで安価なものを購入されて
1シーズン使ってみる事をお薦めします。


格好から入りたい方は下記モデル辺りは如何でしょう、使っている人よく見かけますよ!

ブリーデンSQUID WICKED GAME SWG-スパイス86 シャロー/ロングキャスト

オリムピック グラファイトリーダー カラマレッティープロトタイプ GOCPS-832M 




リール : シマノ バイオマスターMg 2500S

実売価格 : 2万円弱
レビュー :
ビンボー人タックルの中では1番高価なものです。^^
過去にワゴンセールで3千円前後のリールを2個ほど使用しましたが、
エギングはリールに掛かる負担が大きく、どちらも1年持ちませんでした。

ラインを巻く長さ・ドラグ力・重量等を総合して考えると、リールの大きさは
2500番の浅溝スプールが最適だと思います。


バイオマスターMgを選んだ理由は、安くて軽量だからです。
多分 重量200g前後のモデルの中では 定価/g(グラムあたりの価格)は一番安いと思います。
安いと言っても、私にとっては とっても高額商品ですが・・・^^;

ひとつ付け加えると、このモデルはスプール中央のボタンを押すだけで
簡単にスプールが取り外せます。
釣行後、塩抜きでスプール(ライン)を水洗いする際 ドラグをゆるめる必要がないのです。
替えのスプールがあれば、ライントラブルやラインを交換したい時など
すぐに交換出来ます。(私は替えのスプールなど持ってませんが・・・)
他のモデルにも採用してくれればいいのに・・・ と常々思ってます。
(そう思うのは私だけ?)

リールは予算の許す限り軽量なものを選んだ方が実釣時疲れなくて良いと思います。



ライン : VARIVAS アバニ エギング PE ミルキー 0.8号

実売価格 : 2,790円
レビュー :
PEラインは数多く出回っているので、全てのものを試す事は出来ませんが
何種類か使った中ではこれがお薦めです。
150m巻きが多い中、これは120m巻きですが 2500シャロースプールには
120mがちょうどいい長さです。(150m巻きを買っても結局30mは捨てるわけですから)

お薦めの理由は、「切れない」・「劣化が分かり易い」 からです。

私が使った何種類かの中で、ひどいのになると巻き替えた最初の釣行で4~5回切れました。
このラインにしてから1度も切れた事はありません、自信を持ってお薦め出来ます!

劣化が分かり易いというのは、このライン ピンク色をしていますが
長く使っていると(多分ガイドとの摩擦で)色が褪せてきます。
その色褪せ具合で「そろそろ巻き替えた方がよいかも・・・」と言う気にさせてくれます。
白いラインだと劣化がわからない(わかりづらい)為、いつまでも使用しがちになります。

フロロやナイロンもありますが、飛距離やエギの動きを考えるとあまりお薦め出来ません。
フロロは使った事がないのでコメント出来ませんが、ナイロンは過去に使用しました。
PEに比べナイロンは太く 巻き癖も付く為、飛距離が落ちます。
またシャクった時のエギの動きも、PE使用時のようなキビキビ感がありません。



リーダー : エメラルダス・エギリーダー 2号

実売価格 : 1,260円
レビュー :
リーダーは他のものを使った事がないので何とも言えませんが、
よく切れるので 今度 別メーカーの同じ太さのものに替えてみようと思います。
(勿論 根ずれによるキズによって切れるのですが・・・)
もしくは2.5号とか3号にサイズUPするかも。

これから始められる方の為に、リーダーの必要性をお話しします。
私もやり始めの頃はリーダーの必要性を感じていませんでしたが、
PEを使うようになり そこそこ大きなイカを釣るようになるに連れ
リーダーなしではラインが切れやすい事に気付きました。

シャクリと言う行為は かなりラインに負担をかけます。
エギをPEに直結するとシャクった時に結び目から切れ易いのです。
PEラインは伸びがなく、シャクった力がそのままエギに伝わりますが、
エギが大きく(重たく)なると それが抵抗となり、結び目や僅かなキズに
よって簡単に切れてしまいます。
ココでのリーダーの役割は、リーダー自身が伸びてPEに掛かる負担を軽減します。

また大きいサイズのイカを釣る為には一般に深場の底を意識して釣りますが、
そう言う釣りをすると海底の岩等にこすれ、ラインが傷つきます。
傷ついたPEは簡単に切れてしまうので、リーダーを付ける事でPEが傷つくのを防ぎます。



エギ(餌木) : どれでも釣れます!^^

ダイワ エメラルダス MDスクイッド RV 3.5号 金-オレンジ/ピンクアジ

ダイワ ミッドスクイッド 3.5号 マーブル-みかん

ヤマシタ:エギ王Q 3.5号 PN2:ピンク(虹テープ)
実売価格 : 750~1,500円弱
レビュー :
私が主に使っているのは上の3種類で、特にお気に入りはマーブルみかんです。
どのカラーでも釣れますが、この色は私が抱きたくなる色だからです!^^

はっきりいってメッチャ安いヤツじゃない限り 何処のエギでも釣れます。
ただ200円とかで売っている安物エギは 上手く説明出来ませんが 動きが変です。
私は 初めての場所で海底の状態がわからない時、
底の状態を探る為に持っていますが 実釣には使いません。

カラーはピンクやオレンジが基本 (みたい) です。
(みたい) と書いたのは、個人的にはメーカーや色はあまり関係ないと思っているからです。

よく雑誌なんかに 「海水が透明な時は○色、濁っている時には△色」だとか
「昼間は×色、夜は?色、マズメは・・・」 みたいに書かれてますが、
夜 深場に何色を投げたところで 色の判別なんか出来ませんよ多分。

実際 見えるイカに対しカラーローテーションしながら反応を見ても、
色によって反応が変わった事など1度もありません。
それよりもエギのサイズを変えた方が まだ反応が変わりますよ。

重要なのはイカが立ち寄りそうな場所に投げる事!^^
後はエギのアクションや沈下速度だと思ってます。
如何にしてエギを発見させ、興味を持たせ、抱かせるか ではないでしょうか。

と、言いながら 釣れない時は私もカラーローテーションするんですけどね。^^;

以上が私のエギング用安物タックルです!^^
総額4万円前後でしょうか、私の場合ロッドはタダですが。
最近はロッドも安くて良いものがあると思いますし
リールも もう少し出費を抑える事が可能ですので
2~3万円で1式 揃うのではないでしょうか。

少しでもこれから始められる方の参考になれば幸いです!

ついでに、この時期のメスは卵を持っていますので、
メスが釣れたら極力リリースするようお願いします!
m(__)m





にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!


スポンサーサイト
3/23(月) 中潮

「釣りに行きたい・・・」 「家族サービスもしたい・・・」
そこで この企画、家族全員で「釣り & BBQ!」

子供2人がそれぞれ 中学校・小学校を卒業し、
それまで部活で忙しかった2人の長期休暇も
この春休みに限り 「暇」。

暇と言っても子供です、毎日友達と遊ぶのに
忙しくしてますが・・・^^;

上はこの春 高校生、そろそろ親とは行動しないお年頃。
家族で釣りもこれで最後かな・・・

場所は筑前大島。
チビアジ・チビメバルなら子供でも釣れるし、
最大の目的は、朝マズメ みんなが寝ている間に
ヒラスズキでも狙おうと言う考え。^^

とりあえず 島に渡って早々にBBQ。

BBQ.jpg こんな感じです!


お腹も一杯になったところでキャスト開始!
さすが子供、周りに人が居ようがお構いなしに投げます。
何度フックが目の前をかすめた事か・・・^^;
幸い 貸し切り状態だったので他人様に迷惑かける事は
なかったのですが。

娘は海水のお魚初挑戦、数投目で初メバルゲット。
こいつだけは、過去にもブラックバスやアオリイカを
教えて数投目で簡単に釣り上げており、
世の中の厳しさを知らずに育って来ています。
親として、世の中 そんなに簡単ではない事を
いつか教えてやらねば・・・ と思っています。^^

息子もアジメバルの数釣りは初めてで、
結構楽しんでる様子です。

そうこうしている間に妻がある程度後片づけをしてくれていたので、
後は全員で荷物を車に積んで ポイント移動。

次のポイントで、私だけ離れたところで投げていると、
遠くで妻が大騒ぎしているではないですか。
何かと思い行ってみると、25cm程のオコゼをゲット。
釣った嬉しさと、あまりのグロテスクな姿に
大騒ぎしていたのでした。^^

オコゼ 写真撮るのを忘れていたので、自宅で撮影^^;


夜も更け 子供達も寝たので、これからは私の時間!
と、思ったら 干潮 潮止まり、アタリも激減です。
しょうがないので朝マズメに備え、1時間ほど仮眠。

さて本題のヒラスズキですが、うねりが高い割にサラシが薄く
たまに来るバカ波を避けながらキャストを続けましたが
残念ながらノーバイト。
油断して頭から潮を被り、戦意喪失・・・


釣果 :

アジ ・・・ 20匹弱 (15~20cm 通常リリースサイズですが、子供が釣ったので持ち帰り^^;)
メバル・・・5匹(15~18cm)
ヒラスズキ・・・全くダメ

釣果に恵まれなかったものの、楽しい一夜でした!




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!

※ これは私が体験した実話です、心臓の弱い方はご遠慮下さい。

と、あたかも心霊体験のような前フリをしましたが、
内容は全く違いますので ご安心を!^^



私が釣りに行くのは、主に大分方面や山陰辺りが多く
近場では あまり (というか殆ど) やりません。

理由は2つあり、1つは近場に比べ山陰・大分の方が はるかに魚影が濃い事、
もう1つは 近場での釣りで 過去に とっても恐ろしい体験をしたからです。



事件はおおよそ6年前、私がソルトルアーフィシングを始めたばかりの頃に起きました。

後輩がメバルを釣りに行こうと言うので、言われるがままについて行き、
以前知人に誘われ ちょっとだけかじったバス釣りのタックルで
メバル釣りのつもりが 間違ってセイゴ(30~40cm前後)を釣り上げ、
聞くとそれはまだ子供で、大きいのは100cmぐらいまでになるとのこと。

「これをやるしかない!」

なぜそう思ったか覚えてませんが、それからすぐにタックルを揃え
何の情報もないまま 近くの港湾部を夜な夜な徘徊するようになりました。
間もなく、辛うじて「鱸」と呼べるサイズ(68cm)をキャッチ、その強烈な引きに魅せられ
それから シーバスに対する熱い想い(?)が始まりました!
その後すぐにアオリイカへ浮気するのですが・・・^^;

本題からそれてしまいましたが、そうやってポイントを模索している頃の とある休日の夜の話しです。
自宅から車で約20分の所に苅田港と言うところがあり、そこで黙々とルアーを投げてました。
漁港からは結構離れた 街灯もない暗い場所で、他に釣り人もいません。
回りは工場用地で まだ建物はなく、当然人通りもありません。

そんな場所で地味にキャストしていると、後ろの方から小さな話し声が聞こえてきました。
振り返ると階段に2名 、人が立っています。(階段から下に降りるようなポイントです)
しばらくすると降りてきて すぐ近くまで来たので、釣り人だと思い 「こんばんは~ぁ」
挨拶をしても 2人は全く無視。

「感じ悪い奴らだな~・・・」と 思いつつキャストを続けていると、また何やら後ろで話してます。

「ん・・・?」

何を話しているのか、さっぱりわかりません。
初めはわからなかったのですが、よく聞くと日本語ではありません。
振り返ってしっかり確認する勇気がない私は チラ見で2人を再確認、
作業着を着た東南アジア系の外国人、しかも2人とも釣り道具なんて持ってません。

なんか嫌な予感がしてきました。
不安を抱えながら なおもキャストを続けていると、なんとその2人 私の両サイドに来ました。^^;
両サイドに立たれて気付いたのですが、2人とも身長180cm以上ありそうです。

「絶対何かされる・・・」 そう感じました。
2人掛かりでボコボコにされたあげく お金を取られる?
それともナイフで刺されて お金を取った後 海に捨てられる?

心臓が口から飛び出しそうになりながらも 平静を装い 変わらずキャストし続けました。
帰る素振りを見せると、2人が何らかの行動を起こすのでは・・・
相手の目的もわからない事だし 自分から動くより、相手の出方を見ようと考えました。

私 逃げ足には自身があります。^^
高校生の頃、警察官2名から逃げ切った実績があります。(そんな実績いらない?^^)
相手が変な動きをした瞬間、買ったばかりのタックル全部投げ出して走ろう、そう思っていると
2人は私の頭越しに会話を始めました。

「ついに来たか?」

2人の動きに全神経を傾けて、ダッシュの準備・・・

が、会話が終了するとそのまま反対向いて帰って行くではありませんか。

「助かった~!」

もう釣りどころではありません、辺りを見渡し2人がいないのを確認し 速攻で帰りました。

いや~、ホント怖かったです。
日本人だと言葉は勿論、目つきや雰囲気・声のトーン等で ある程度判断出来るものが
外国人だと全くわからない為、その分 余計に怖さを倍増させてくれました。^^;

きっと2人は私の事を子供だと勘違いして帰って行ったのではないかと思います。
ちなみに私、恥ずかしながら 身長166cm・ベビーフェイスです!
過去に海外でレンタカーを借りる際、フロントが全く相手にしてくれなかった経験の持ち主です。

「子供と勘違い」 で なければ、単に見た感じが お金を持ってそうになかったから?^^;
もしくは ただ海を見に来ただけの外国人?

読んで下さった皆さんも、ひとりでの釣行には充分気を付けて下さいね!





ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
3/15(日) 中潮

冬の間、関門はコノシロが入ってきて、それを捕食する
シーバスに狙いを定めたアングラーが殺到します。
有名ポイント辺りは5m間隔でアングラーが入っており、
いつ行っても投げる場所などありません。^^;

そろそろ そのシーズンも終わりに近づき、
人も少なくなっているのでは・・・

勝手にそう思いこみ行ってみましたが、
やっぱ多かったですね。^^;

別のポイントへ行き ひたすら投げる事30分、

「コツン」

バイトがあり、合わせを入れ ロッドが弧を描いた瞬間
ハイ、見事バラしました。
相変わらずの素人ですねぇ~・・・

その後1時間ぐらい粘りましたが、バイトなし。

ちょっとメバルでも と思い、トンネルを抜け下関へ。
釣れるのはチビメバルのみです。

もうちょい足を伸ばし山陰へ。
天気予報で南西の風が6~7mだった為
何処へ行っても向かい風。
山陰側は西の風が強いと釣りになりません。

風裏を探しながらランガン、気が付くとすぐそこは角島・・・^^;
徐々に空が明るくなってきた為 納竿。

久々に 「ただ疲れた」 だけの釣りとなりました。


釣果 :
シーバス・・・ 1バイト・ノーキャッチ(これは釣果とは言いませんね ^^;)
アジ・・・約15cm 1匹(空中でのオートリリース)
メバル・・・15cm前後 3匹(リリース)

お持ち帰り分 なし



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!


3/9(月) 中潮


アジメバルを飽きるほど釣りたい!」

この時期、仕事そっちのけで いつもそんな事考えています。^^;
でも近場でそんなに釣れる場所はありません。
(知らないだけかも・・・^^;)
何処へ行こうか考えた末、山陰 蓋井島に決定。
理由は簡単、交通の便が悪く 人があまり行かないから。
瀬渡しでのクロ(メジナ?)・チヌ・鯛・ヒラマサ等の釣果は
よく聞きますが、波止での釣果は知りません。

フィッシュイーターが釣れる島だから、
そのベイトになる小魚もいるはず。

「何か釣れるだろ・・・」

と、軽いノリで行って来ました!

初めて蓋井島へ行く方の為に簡単にアクセス紹介します。
(初めての方にはわかりづらいので)
定期船は吉見港から出ており、この時期は朝・夕の2便しか
ありません。(詳しくはこちらを参照して下さい)
吉見港までは国道191号を走り、道路案内標識で
「下関フィッシングパーク」と書かれた方に入ります。
後は適当なところに「定期船乗り場」みたいに書かれた
看板が貼られているので それなりに行けば着きます。
まぁ、迷っても そこからすぐそばに港はありますので
ちょっとウロウロすればわかります。^^
(いい加減な説明ですみません。^^;)

問題はここからです。
誰もが最初に駐車場や乗船券売り場をさがしますよね?
その乗船券売り場みたいなものがないのです。
正確に言うとあるのですが非常にわかりづらいです。
小さな公園横に「待合所」と書かれた小屋がありますが、
無人で 辺りを見渡しても誰もいません。
「本当にココでよいのだろうか・・・」と不安を抱きながら
とりあえず船が来るまで待機。

出航時間の40分前ぐらいに定期船到着。
定期船の乗務員の方に聞いて解決しました。

乗船券は定期船船着き場のすぐ前にテーブルが置いてあり、
出航20分前から販売しますとのこと。
よく見ると確かにテーブルの下に
そのような事が書かれています。^^;

駐車場はジュースの自動販売機の裏手にあり、
白線で区画割りされた場所ならどこでもいいとの事。
(付近に自動販売機はそれしかなく すぐわかります)

運賃は往復で 990円(片道だけだと 520円)で、
手荷物の料金も書かれていたのですが
「釣り道具程度なら不要ですよ」とのこと。
とっても良心的だ~!^^


と、まるで定期船の回し者のような内容になりましたが、
本題の釣果の方は・・・

メバル約30~40匹くらい(20cm以上 8匹キープ)
アジ1匹(15cm 即リリース)
アラカブ(カサゴ) : 5匹(21cmと30cmの2匹キープ)
シーバス : 1バイト・1バラシ(推定 40cm弱)

という、多くもなく少なくもない ビミョ~な釣果でした。^^;

アジをメインで釣りたかったのですが、全くダメで
代わりに 小さいですが メバルのオンパレード。
また、アラカブ(カサゴ) 30cmの引きは最高でした!
上げてすぐは「尺メバルになるかも・・・」と思いましたが、
ライトを付けてよく見るとアラカブでした、。
サイズは30.5cm、「尺カサゴ」GETです!
(尺メバルは聞くけど、尺カサゴって言います?)

シーバスは、港湾部両サイドに地磯があったので
夕マズメ 頑張りましたが、どちらも藻が多く
投げづらい状況で、バイトもありませんでした。
朝マズメに ゴロタ&テトラ回りを再チャレンジ、
1投目 足元ででバイトがあったのですが、合わせを入れる前に
エラ洗いされ バラしちゃいました。 (T^T)

満足のいく釣果・・・ ではありませんが、
でもまぁ、色々あって楽しい釣行でした!^^


カサゴ305

またもやデジカメを忘れていった為、自宅で記念撮影です!^^;



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!
3/3(水) 小潮

相変わらず 激遅UPです・・・^^;

「ヒラスズキが食べたい!」と子供が言うので
またまた行って来ました、大分の磯へ。

(実は、子供が言わなくても 最初から行く予定だったのですが ^^)

夜中1:30自宅を出発、雨がパラパラ降ってます。
天気予報で確認済み、想定内です。

早朝5:00 乗船、10分足らずで磯へ到着。
早々にタックルの準備を済ませたが、辺りの状況がわからず
暗闇に目が慣れるまで暫し待機。

徐々に目が慣れ 辺りが見えてきたので キャスト開始。
しばらく反応なしでしたが、足元付近で「コン」とバイトあり。
バイトがあったと思われるコースに数回トレースするが反応なし。

(真っ暗なので適当ですが・・・^^;)

辺りが薄明るくなる頃、いきなり「ヒ~ット!」
50cm前後のヒラスズキです!

その後3回バラしたものの、2匹追加。

完全に空が明るくなったところで時合い終了。
嬉しい外道である青物が来ないかと頑張るも反応なし。
時間が経つに連れ徐々に雨足が強まり、風も強くなってきました。



「寒い・・・」


予報では雨も小降りになり 風も弱くなるはず・・・
あまりの寒さに耐えられず、早めの撤収。

とても寒かったけど、そこそこバイトもあり
楽しい時間を過ごせました!

釣果 : ヒラスズキ 3匹 (50~58cm 、 ヒラフッコ? ^^;)

このサイズのマルはリリースしますが、ヒラはお持ち帰りです、美味しいから!
ちなみに雨天の為 写真撮影はしませんでした。^^;



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!
前回 友達のデジカメで撮ってもらったブリ(ハマチ?)の写真、
やっとメールで送ってきました!

見てビックリ

肝心の魚の辺りが真っ白に飛んでしまって見えません・・・
ブリ ←これが送ってきた分です。



とりあえず、年に1~2度しか使わないフォトショップで画像を加工してみました。
私の技術では どう頑張ってもこの程度です。^^;
ブリ(補正後3) ←加工後の画像です!


・・・・・・・
・・・・
・・

また釣って写真撮ればいいんです。
所詮ヒラスズキ狙いの外道ですから!^^

(ホントは かなり嬉しかったけど ^^)




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。