上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/28(水) 大潮



またイッてきました・・・



18・21・26・28日、ここ1週間半で4回。
猿のなんとか状態、ほとんど病気です。(爆)

今回は朝マヅメの時間帯をパス。
潮流の変わり目が昼前に変わってきてるので、変わり目前後を狙ってちょっと遅めのスタートです。




あらっ?




潮流の変わり目前後で釣る予定が、到着すると流れが変わる直前です・・・^^;
完全に潮の時間を間違えてます。(滝汗)
しかも、またもや爆風。(誰かの嫌がらせ?)

とりあえず早く準備してキャストしないと、ここはすぐに激流となります。
で、そうこうしてるとあっという間に激流へと。

激流の中の釣果です。
DSCF1844.jpg 今回の写真はモノトーンではなくmikiっちさんの技をパクりました。(笑)

爆風・激流の中、アタリもわからない素人的な釣果でした!(爆)





こちらで色んなブログを見て下さい♪ ← 記事の途中ですが、気が向いたらポチッとご協力お願い致します!^^





参考までに・・・ 『関門海峡の潮流について』

関門で釣りをされる方はよくご存じなのですが、これから関門で釣りを始められる方に豆知識です。
関門海峡は潮汐(満潮・干潮のこと)と共に潮流(東流れ・西流れ)というのがあります。

潮汐・潮流について詳しくはこちら → ウィキペディア(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E6%B5%81)

たぶん関門だけでなく、海峡になっている所はどこも同じ状況だと思うのですが・・・
潮流が早くなると 全く釣りが出来ません。
もちろん釣れない事はないですし、流速が上がった方が釣れるポイントもあります。(反転流とかで)
ここで言う『釣りが出来ない』とは海峡に面した場所でのルアーフィッシングの事です。

流速ですが、最大8kt(ノット)前後まで上がります。(私の記憶では・・・^^;)
kt(ノット)でいうとわかりづらいので 時速で言うと8kt ≒ 14.8km/h
人の歩く速度が4km/h・チャリンコで15km/h(個人差もありますが一般的に)くらいなので
海の上で自転車が横切るのを想像して頂くとよくわかるかと。(わからんだろ!)
見た目で言うと、大雨後の大河川河口付近の様な感じでしょうか。

わかりにくいので釣りで例えると・・・
エギングの場合、無風状態で正面に投げて10カウントすると横に40m流されます。
3.5号のエギでは絶対に着底しません。
シーバスの場合、全くリールを巻かなくてもルアーは同じ位置で激しくアクションしてくれます。
潮流で常にロッドは曲がりっぱなし、ルアーに切れ藻が掛かるとヒットと勘違いします。(マジで)
これが大きな切れ藻だとシーバス取り込むのと同じぐらいロッドをしならせますからまわりから注目され、
あげた時にとても恥ずかしい思いをします。
ジギングの場合、魚のアタリがわからなくなります。
巻いて重かった時が釣れた時です。(爆)

と、まぁこんな感じで ふつ~に釣りが出来るのは潮流の変わり目前後1時間ぐらいではないでしょうか。
(潮流の変わり目を挟んで前後1時間、合計2時間程度という意味です)
潮流の変わり目の時間については釣具屋Pの潮時表に書いてますので、それを見ればわかります。

これから関門で釣りを始められる方、参考にして下さいね!




明日は大分でキャンプです・・・



いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m ブログランキングに参加しています♪
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!

他の方のブログも見て下さいね♪
にほんブログ村
ついでに、お時間の許す方は こちらのブログ にもお立ち寄り下さい!
最近放置気味ですが、私のもうひとつのブログです♪
(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://fakeseabasshunter.blog123.fc2.com/tb.php/138-4aab05f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。