上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏期休暇も もう終わり・・・


夏期休暇後半、釣りに行きたかったのですが、家の用事と時間が合わず断念・・・
時間が出来たので以前から準備していたパーツで自作アシストフック作製した記事を書いてみました。
※ ちなみに作製したのは夏期休暇前半ですけど。(爆)

DSCF1985.jpgこれ、 購入したのはこの古い記事の頃です、実に8ヶ月ぶり?(爆)



まずはこれをご覧下さい。
assist-guide11.jpg オーナー針のサイトでDLしたマニュアル(現在のサイトではDL出来ません)

クリックして大きな画像にしても、そもそもの画像が小さいので文字が見難いかも知れません。
詳しく見たい方は大きな画像を右クリックして 「名前を付けて画像を保存」にして下さい。
後はPC上で好きな大きさの画像が見れますよね。

この 『完全マニュアル』 を参考にしながら作製します。





こちらで色んなブログを見て下さい♪ ← 記事の途中ですが、気が向いたらポチッとご協力お願い致します!^^





さて、ここから作製開始!

DSCF2049.jpg
1. 写真内 ① の様に各パーツを適度な長さに切ります。
2. 切った各パーツを写真内 ② の様にセット後、組糸とフックを根巻き糸で巻きます。
3. 補強の為、巻いた根巻き糸の上から瞬間接着剤を垂らし固めます。
4. 熱収縮チューブを写真内 ③ の様にずらします。
5. 写真内 ③ の状態にドライヤーで熱を加え、の様になったら完成です!

お気付きだと思いますが 『完全マニュアル』 とはチョットだけ手順が違います。
何故違うのかというと、『完全マニュアル』 の通りにソリッドリングを付けると
結び目が大きくなるからです。(下写真参照)

マニュアル通りだと・・・
DSCF2053.jpg DSCF2058.jpg 市販品と比べかなり結び目がデカイです。

オリジナルの方法では・・・
DSCF2054.jpg DSCF2061.jpg こちらの方がスッキリ!
※ どちらもピンボケですみません。m(_ _)m

結び目が大きくなったからと言って釣果には影響ないと思いますが、
出来るだけ市販品と同じような出来映えにしたかったので。(笑)
マニュアル通りのやり方で作製すればもっと楽に出来ますよ。

DSCF2070.jpg
 オーナー(OWNER) シングルフロントフック38 SF-38EXS 3/0と比較した写真です。
根巻き糸のサイズが太かった為、フックと組み糸の結合部が大きくなり過ぎました。
でもまぁ、見れる程度には出来たんじゃないかと思います。(爆)


DSCF2062.jpg
今回はスタンダードよりチョイ長めを5本と、テールフック用に短めを1本作製。
まだパーツは大量にあるので、後はフロントフックの長さ違いを作る予定です。
そもそも自作しようと思ったのは、釣りの経費削減市販品の長さが気に入らなかったからです。

長さの方は自作なのでどうにでもなるとして、経費の方はというと・・・

経費

自作フック : 135.5円 /1本
カルティバ : 170円 /1本 (SF-38EXS 3/0 : 680円 /4本)

と、若干自作の方が安価になりますが、作製時間を考えると大差ないですね。^^;



これで青物シーズンは爆釣間違いなし!
って事にはなりませんよね・・・^^;





早く冬休み来ないかなぁ~・・・





いつも応援ありがとうございます。m(_ _)m ブログランキングに参加しています♪
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!

他の方のブログも見て下さいね♪
にほんブログ村
ついでに、お時間の許す方は こちらのブログ にもお立ち寄り下さい!
全然面白くありませんが、私のもうひとつのブログです♪
(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://fakeseabasshunter.blog123.fc2.com/tb.php/158-2ec04ae3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。