上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんはラインを巻き替える時 どうされてますか?

今回はラインの巻き替えについて書きたいと思います。
前回同様 堂々と人前に出すのは恥ずかしいので
興味がある方のみ 下の 「続きを読む」 からお入り下さい!
通常ラインを巻き替える時は、まずリールのスプールから古いラインを取りますよね。
お金に余裕のある方は 下の写真のようなものを購入されると大変便利ですが、
私のような貧民は、地道に空きスプール(ボビン)へ手で巻き付けて古いラインを外します。
手でグルグル巻くのは結構時間が掛かるのですが・・・






ここからが貧民アイテム!・・・ 更にもう1個の空きスプールを用意し、
1個目のスプールから2個目の空きスプールに巻き替えます。

ここまでくれば もう皆さんおわかりだと思います、そう、 新品のラインを巻くのではなく、
リールのスプールの中に眠っている未使用部分を表に出すのです!

仮に100mラインが巻いてあったとして、9ftのシーバスロッドで20g前後のルアーをキャストしても
よく飛んで精々50m程度でしょ、残りの50mは全く未使用なのですから!

リールのスプール → 空きスプール1 → 空きスプール2 → リールのスプール

このように空きスプール2の作業を追加することにより それが可能になるわけですが、
これを地道に手作業でやると すごく時間が掛かります。
恐らくこれをやった事のある方の約半数は気が狂いそうになったはずです。^^;
ちなみに市販されているものでは次のような物もあります。



でも私はこれに6~7,000円のお金をかける気にはなれず、
かと言って気が狂いそうになるのも辛いので色々考えたあげく
自分で作っちゃう事にしました!

ホームセンターへ走り、パーツをかき集めて作ったのがこれです。
00001.jpg

製作費 約1,100円也!(電池は別)
ちょっと作りがチャチで雑なので、画像を出すのが恥ずかしいのですが・・・^^;
妻や子供にも見せたところ、大爆笑。
笑わそうとして 見せた訳じゃないんですけど。

ちなみに購入したパーツは、工作用のプーリーセット、ベース、L型金具、ボルト・ナット類。
プーリーのセンター(スプールをセットする所)はボールペンのキャップです。

能力はというと、約100mを45~50秒ぐらいで巻き取ります!
プーリー比を変えると もっと早くなるのですが、作りがチャチな為
あまり高速にすると振動でスプールが外れそうになります。^^;

使い方はいたって簡単!

00003.jpg
① このようにセットして スイッチオン。

00004.jpg
② 1分後にはこのようになっているので、リールのスプールに結ばれたラインを切る。

00008.jpg
③ 次に空きスプール1を左側に持って行き、空きスプール2をセットし スイッチオン。

後は空きスプール2に巻き取られたラインを、新品ラインと同様にリールのスプールに巻くだけ。
この時もプーリーにセットしたままリールのスプールへの巻き替え作業を行うと、
モーターの抵抗で適度なテンションが掛かり いい感じで巻けます!

00009.jpg
これで終了、未使用部分が表面に出てきました!
(ピンボケですみません ^^;)

所要時間 : 10分弱(撮影しながら)
手作業と比較すると雲泥の差です。
まだ改良しなきゃいけない部分もあるのですが、求めるレベルの仕事はしてくれます。

手順③以外は新品のラインを巻き替える時でも行う事なので、
巻き替え時は常に活躍します。

工作好きの方は作ってみたら如何でしょう!


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
↑ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、押して下さいね!

Secret

TrackBackURL
→http://fakeseabasshunter.blog123.fc2.com/tb.php/45-16236f3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。