上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ これは私が体験した実話です、心臓の弱い方はご遠慮下さい。

と、あたかも心霊体験のような前フリをしましたが、
内容は全く違いますので ご安心を!^^



私が釣りに行くのは、主に大分方面や山陰辺りが多く
近場では あまり (というか殆ど) やりません。

理由は2つあり、1つは近場に比べ山陰・大分の方が はるかに魚影が濃い事、
もう1つは 近場での釣りで 過去に とっても恐ろしい体験をしたからです。



事件はおおよそ6年前、私がソルトルアーフィシングを始めたばかりの頃に起きました。

後輩がメバルを釣りに行こうと言うので、言われるがままについて行き、
以前知人に誘われ ちょっとだけかじったバス釣りのタックルで
メバル釣りのつもりが 間違ってセイゴ(30~40cm前後)を釣り上げ、
聞くとそれはまだ子供で、大きいのは100cmぐらいまでになるとのこと。

「これをやるしかない!」

なぜそう思ったか覚えてませんが、それからすぐにタックルを揃え
何の情報もないまま 近くの港湾部を夜な夜な徘徊するようになりました。
間もなく、辛うじて「鱸」と呼べるサイズ(68cm)をキャッチ、その強烈な引きに魅せられ
それから シーバスに対する熱い想い(?)が始まりました!
その後すぐにアオリイカへ浮気するのですが・・・^^;

本題からそれてしまいましたが、そうやってポイントを模索している頃の とある休日の夜の話しです。
自宅から車で約20分の所に苅田港と言うところがあり、そこで黙々とルアーを投げてました。
漁港からは結構離れた 街灯もない暗い場所で、他に釣り人もいません。
回りは工場用地で まだ建物はなく、当然人通りもありません。

そんな場所で地味にキャストしていると、後ろの方から小さな話し声が聞こえてきました。
振り返ると階段に2名 、人が立っています。(階段から下に降りるようなポイントです)
しばらくすると降りてきて すぐ近くまで来たので、釣り人だと思い 「こんばんは~ぁ」
挨拶をしても 2人は全く無視。

「感じ悪い奴らだな~・・・」と 思いつつキャストを続けていると、また何やら後ろで話してます。

「ん・・・?」

何を話しているのか、さっぱりわかりません。
初めはわからなかったのですが、よく聞くと日本語ではありません。
振り返ってしっかり確認する勇気がない私は チラ見で2人を再確認、
作業着を着た東南アジア系の外国人、しかも2人とも釣り道具なんて持ってません。

なんか嫌な予感がしてきました。
不安を抱えながら なおもキャストを続けていると、なんとその2人 私の両サイドに来ました。^^;
両サイドに立たれて気付いたのですが、2人とも身長180cm以上ありそうです。

「絶対何かされる・・・」 そう感じました。
2人掛かりでボコボコにされたあげく お金を取られる?
それともナイフで刺されて お金を取った後 海に捨てられる?

心臓が口から飛び出しそうになりながらも 平静を装い 変わらずキャストし続けました。
帰る素振りを見せると、2人が何らかの行動を起こすのでは・・・
相手の目的もわからない事だし 自分から動くより、相手の出方を見ようと考えました。

私 逃げ足には自身があります。^^
高校生の頃、警察官2名から逃げ切った実績があります。(そんな実績いらない?^^)
相手が変な動きをした瞬間、買ったばかりのタックル全部投げ出して走ろう、そう思っていると
2人は私の頭越しに会話を始めました。

「ついに来たか?」

2人の動きに全神経を傾けて、ダッシュの準備・・・

が、会話が終了するとそのまま反対向いて帰って行くではありませんか。

「助かった~!」

もう釣りどころではありません、辺りを見渡し2人がいないのを確認し 速攻で帰りました。

いや~、ホント怖かったです。
日本人だと言葉は勿論、目つきや雰囲気・声のトーン等で ある程度判断出来るものが
外国人だと全くわからない為、その分 余計に怖さを倍増させてくれました。^^;

きっと2人は私の事を子供だと勘違いして帰って行ったのではないかと思います。
ちなみに私、恥ずかしながら 身長166cm・ベビーフェイスです!
過去に海外でレンタカーを借りる際、フロントが全く相手にしてくれなかった経験の持ち主です。

「子供と勘違い」 で なければ、単に見た感じが お金を持ってそうになかったから?^^;
もしくは ただ海を見に来ただけの外国人?

読んで下さった皆さんも、ひとりでの釣行には充分気を付けて下さいね!





ブログランキングに参加しています。
気が向いたらで結構です、ポチッと押して下さいね!

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://fakeseabasshunter.blog123.fc2.com/tb.php/55-33f8d9f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。